« 窓の方位と日射遮蔽 | トップページ | 定期講習と気密性能 »

2021年6月22日 (火)

余白のある家づくり

Dsc_0031_20210622180001

家づくりにおいて、何もない真っ白な壁は、「勿体ない」と思われがちです。

なので、窓をとったり収納をつくったりすることが多いと思います。

何もない壁を「余白」と考えてみてはいかがでしょうか。

余白があれば、「この壁にあの絵を飾ったらどうだろう」とか「ここにあのテーブルランプがあったらいいな」とか色々想像することができます。

あまり造りこみすぎずに、余白を残した方が暮らしはきっと豊かになると思います。

シンプルにデザインするといった俗っぽい考え方ではなく、住みながらどんどん愛着が持てるような大らかさをもった家づくりができたらと思います。

« 窓の方位と日射遮蔽 | トップページ | 定期講習と気密性能 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 窓の方位と日射遮蔽 | トップページ | 定期講習と気密性能 »