« モデルハウスHYGGEオープン! | トップページ | 亀田の長期優良住宅/基礎配筋 »

2020年8月 5日 (水)

夏のHYGGE

梅雨が明けて夏本番となりましたので、夏モードのHYGGEをご紹介します。

Img_0769


今日の新発田は最高で34℃。猛暑日一歩手前です。

Dsc_0213
冷房は、吹抜けの6畳用エアコン1台のみ再熱除湿運転(設定湿度55%)で24時間連続運転をしています。



温度の測定は一番暑い午後2時頃です。

Img_0773
1階キッチン25.5℃ 54%


Img_0774
2階寝室25.8℃ 51%


Img_0775
2階子供室25.8℃ 51%

このように、吹抜けを入れると35坪の家をエアコン1台で全館冷房(と除湿)ができています!

ちなみに電気の使用量をみると、1日あたり7kWh程度で、おおよそ200円くらいです(換気と待機電力含む)。

再熱除湿運転は冷房運転より電気を使うので、冷房運転にすればさらに電気代は下がります。

まるで魔法のようですが、タネがあるのでマジックです。

タネ明かしですが、高い断熱気密性能と日射遮蔽の2つです。

HYGGEの断熱性能は、UA値0.31(HEAT20 G2グレード)C値0.2という超高断熱仕様です。

 

断熱気密性能を高めると、冬に熱が外に逃げにくくなることの裏返しで、夏は外の熱が入りにくくなるのです。

 

日射遮蔽は
Img_0772
外付けのブラインドと

Img_0765
アウターシェードで室内に入る日射熱を抑えています。

この2つを頑張ることで、高額な全館空調システムなどを入れなくても快適な冷房空間がつくれます。


それに加えて、HYGGEでは全熱交換の一種換気を採用しています。
Img_0755

全熱交換の換気扇は、顕熱(温度)と潜熱(湿度)の両方を交換してくれるので、外の高温多湿の空気が冷却・除湿されて入ってきます。

なので、室内の温湿度がより安定しやすくなります。

« モデルハウスHYGGEオープン! | トップページ | 亀田の長期優良住宅/基礎配筋 »

高気密高断熱」カテゴリの記事

新モデルハウス」カテゴリの記事

パッシブデザイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« モデルハウスHYGGEオープン! | トップページ | 亀田の長期優良住宅/基礎配筋 »