« 加治の家/竣工 | トップページ | 諏訪山のZEH/太陽光パネル設置 »

2018年6月20日 (水)

豊町の家/断熱気密施工

豊町の家では断熱・気密工事が進んでいます。

P1110837
屋根材は三州平瓦です。

P1110836
外張り断熱材のキューワンボードは施工完了しています。


キューワンボードの良いところは、防水性能が高いため雨が降っていても施工可能で、張り終わればそのまま防水層にもなります(タイベックも省略OK)。今の時期はとっても助かります。


また、キューワンボードは気密層も兼ねるため、張りあがった時点で気密測定が行えます。


Dscf5904


P1110841
今回も1回目の測定で、C値0.2という素晴らしい結果がでました。


外張り断熱の施工が終わると、充填断熱の施工に移ります。


P1110820
屋根もキューワンボードを外張りしていますが、さらにタルキ間にグラスウールを付加断熱として充填します。



断熱材は厚ければ厚いほど効果が上がるため、可能な限り厚く入れることがセオリーですが、施工性、コスト、内部結露などの問題もクリアーしないといけません。


断熱性能を高めることで、夏は日射で高温になった屋根や外壁の熱が室内に入りにくくなり、室温の上昇を抑えます。

住宅の高断熱化は、冬の寒さだけでなく夏の暑さにも有効です。

« 加治の家/竣工 | トップページ | 諏訪山のZEH/太陽光パネル設置 »

建築現場」カテゴリの記事

高気密高断熱」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2045729/73719103

この記事へのトラックバック一覧です: 豊町の家/断熱気密施工:

« 加治の家/竣工 | トップページ | 諏訪山のZEH/太陽光パネル設置 »