« 無敵のセールスマン | トップページ | 間接照明について »

2014年10月10日 (金)

マットな質感

新モデルに使用している建材は、マットな質感のものが多いです。

Dsc_0122

マットな質感の反対はツヤツヤ、ピカピカになります。

ひとむかし前は、ツヤツヤのピカピカな光沢のある質感が好まれ、ピカピカの大理石、キラキラのタイル、木のフローリングもツヤツヤにコーティングされたものが多く使用されました。

それに対してマット(艶消し)な仕上がりは、字のごとく艶がなく素地の質感をそのままにした仕上がりです。

木なら木、石なら石の質感といった具合に。


特に木の質感については、どれ一つとっても同じ表情のものがなく、特有のエネルギーのようなものを感じます。

Dsc_0119
木の質感を損ねないオイル塗装仕上の床材。


Dsc_0129
レッドシダーの外壁は無塗装なので天然そのもの。木製玄関ドアも汚れ止め程度のマットな仕上がり


Img_1841
キッチンの壁に張ったタイルも、マットな質感のものにしてあります。


ツヤツヤにコーティングすることで、表面は綺麗に見え傷や汚れがつきにくくなりますが、光沢によって質感は半減してしまいます。

新モデルをご覧になったお客様の多くは、「木がたくさん使われているね」とおっしゃられますが、実は木を使っている部分はそんなに多くありません。

木の部分と言えば、床と造作のカウンターぐらいなもので、梁もあらわしていませんし、壁や天井に羽目板を張っているわけでもありません。

木の質感を大事にした仕上げとミニマルにデザインしたことで、木の魅力を最大限に引き出せたというわけです。

 

 




今日の1曲


Live Forever  by  Oasis

« 無敵のセールスマン | トップページ | 間接照明について »

新モデルハウス」カテゴリの記事

自然素材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2045729/57615497

この記事へのトラックバック一覧です: マットな質感:

« 無敵のセールスマン | トップページ | 間接照明について »