2021年11月22日 (月)

基礎の基礎

豊浦の家では基礎工事が完了しています。

Img_4718

いよいよ今月末に上棟となります。


基礎の役割というと、「建物を支える」ということは誰でもわかると思います。

もう一つ重要な役割として、外力(地震や風)が作用した時に屋根から土台まで流れてきた力をしっかり地盤に伝えることがあります。

地盤までしっかり力を伝えるためには、基礎が途中で切れることなく構造区画されている必要があります。
これは、布基礎・べた基礎両方に言えることです。

Img_4546
途切れることなく連続して区画された基礎配筋

基礎が構造区画の途中で切れていると、流れてきた力もそこで止まってしまい、しっかり地盤まで力を伝えることができません。

床下メンテナンス時に人が通れるように設けた人通口なども地中梁でつなぐ等、しっかり連続させます。

Img_4542


また、基礎にかかる力は基礎全体に均等にかかるわけではなく、柱や壁の位置(=間取り)に応じて大きくかかる場所とそれほどかからない場所ができます。

大きくかかる場所は、ベースの幅を広げたり鉄筋の本数を増やす等の対策が必要となります。

Img_4541_20211122115401


Img_4540_20211122115401
基礎のベース幅は基本600mmで大きく力がかかる場所は750mm


Img_4543
上端と下端の鉄筋を2本に補強した場所


基礎をどれくらい強くすればよいかは、力を伝える地盤の強さが分からないと決められないため、地盤調査を行い、地盤改良をする場合はどのくらいの地盤の強さ(地耐力)にするかを決めて地盤改良を行います。

Img_4003
豊浦の家は地耐力35kN/㎡になるように地盤改良を行い基礎設計を行っている

2021年9月27日 (月)

豊町の家基礎配筋

豊町の家では基礎工事が進んでいます。

Img_3881
耐震等級2(許容応力度計算・積雪130cm考慮)の基礎

インナーガレージのある家の基礎なので、まるで要塞のようです。

Img_3882
ガレージ部分の基礎配筋

住宅部分とガレージ部分の高さが異なりますので、かなり複雑な配筋となりましたが、しっかり図面通り配筋されていました。基礎屋さんに感謝です。

2021年7月27日 (火)

自然に触れて思う事

Img_3507
連休中に奥胎内の山に行ってきました。(夏は海より山派です)

たまに大自然に触れると、当たり前のことに気づかされます。

川の水は高いところから低いところに流れる、木陰は涼しいなど。
Img_3501

Img_3500

このような自然の摂理は、そのまま建築の技術に反映されています。

水の流れに逆らわない納まりや、日射遮蔽がそれにあたります。

真夏にエアコン冷房を使うことは非常に重要なことですが、日射がガンガンに入る中でエアコンをフル稼働という事には違和感を感じます。

エアコンも電気もない時代は、軒を深く出す、縁側を設けるなど建築的手法によって暑さを凌いでいました。

当然、現代においてもその手法は利用できるので、家自体の断熱性能や日射対策である程度の熱を防ぎ、足りない部分を電気で補うことが正解だと思います。

Img_3100

Img_3097

Img_3545

モデルハウスではこれでもかというくらい日射遮蔽を施し、家中冷房して終日25~26℃を保っていますが、一日の電気使用量は3~5kWhです。(お金に換算すると100円程度)


2021年7月21日 (水)

住宅省エネ25年度義務化?

本日の新潟日報の記事です。

Photo_20210721182301

2025年度以降、新築住宅の省エネ基準の義務化を目標にいよいよ国が動き出したようです。

本来は2020年に義務化される予定でしたが、これも「大人の事情」で見送られていました。

問題はどのレベルが基準となるかですね。

これから家を建てるのであれば、できる限り断熱性能は上げておくことをお勧めします。

現在は(国の基準では)最高とされているものが、数年後には最低以下になるからです。

今後断熱性能は、快適性や省エネ性だけでなく、家の価値にも大きく影響することになりそうです。

2021年7月16日 (金)

定期講習と気密性能

昨日、3年に1度の苦行建築士定期講習に行ってきました。

Img_3416
この教本を朝9時から夕方4時まで読み込んで、その後試験も受けて合格点をとらないと講習完了となりません(白目)

定期講習の目的は、しょっちゅう改正がある建築基準法等のアップデートが主となります。

それと、今回の講習では空き家問題についての内容が多かったです。

今後増え続ける空き家の問題について、建築士ができること考えてほしいということなのでしょう。

また、カーボンニュートラルな社会実現についての内容もありました。

エネルギーをたくさん使用しなくてもいいように、断熱を頑張りましょうという内容ですが、昔の講習ではさらっと流されていた部分がかなり詳しく説明されていました。

中でも、気密性能C値について具体的な数値が示されたのは初めてではないかと思います。(私の記憶なので、昔から示されていたかもしれませんが・・)

教本には
Img_3415

熱交換換気の省エネルギー性への期待が高まっているが、その効果を享受するためには、C値0.5c㎡/㎡程度の気密性能が必要と考えられ気密性能基準は廃止されたが、気密性能の重要性は変わらない

とあります。

換気設備をしっかり機能させるには気密性能が良くないとダメで、C値0.5は必要だとはっきり書いてますね。

しかしながら、その後の「気密性能基準は廃止されたが、気密性能の重要性は変わらない」という文章はおかしいと思いませんか?

重要なら廃止にしないはず・・・ここには所謂大人の事情があるのです。

それはずばり「C値は○○以下」なんて基準が義務化されたらほとんどの家が建たなくなるからです。

そもそも日本の新築住宅の大半は気密測定試験すらしていません。

なので、こんな基準があったら困るわけですね。造る側が。


当社では、原則全棟気密測定試験を実施してC値0.5以下を基本性能としています。
67877d4dd397497eaed6535a81a622e7

A123d3af09e14780aa18171f55d3e9bf

2021年6月22日 (火)

余白のある家づくり

Dsc_0031_20210622180001

家づくりにおいて、何もない真っ白な壁は、「勿体ない」と思われがちです。

なので、窓をとったり収納をつくったりすることが多いと思います。

何もない壁を「余白」と考えてみてはいかがでしょうか。

余白があれば、「この壁にあの絵を飾ったらどうだろう」とか「ここにあのテーブルランプがあったらいいな」とか色々想像することができます。

あまり造りこみすぎずに、余白を残した方が暮らしはきっと豊かになると思います。

シンプルにデザインするといった俗っぽい考え方ではなく、住みながらどんどん愛着が持てるような大らかさをもった家づくりができたらと思います。

2021年6月11日 (金)

窓の方位と日射遮蔽

今年も暑い夏がやってきました。

今日は、新発田でも日中は30℃を超え暑い一日となりましたが、モデルハウスHYGGEの室温は23℃程度で安定しています(もちろんエアコンは終日OFF)。
Img_3172
午後3時頃の室温

室温上昇の一番の原因となるのは窓から入る日射熱なので、モデルハウスでは外付けブラインドとアウターシェードで日射を遮断して室温の上昇を抑えています。

Img_3099

Img_3095
室内側ではなく室外側で日射を遮ることがポイント


夏は太陽高度が高いため、南面はそこまで多くの日射は入りませんが、東西面は南面より太陽高度が下がるため日射は入りやすいです。

なので、優先的に日射対策をすべき窓は東西面となります。

プランニングをする時に、「南の窓は大きく、東西と北は窓を小さく」というのがセオリーになるのはこのためです。

しかしながら、窓は方位だけで決めるものではありません。

南面以外に環境が良いところがあれば、そちら側に大きく窓をとることも大切です。

言うまでもありませんが、窓は陽の光だけでなく「外部を取り込む」という重要な機能もあるからです。

なので、東や西の環境が良くそちら側に大きな窓をとる場合は、何らかの日射対策をしておくことをお勧めします。


今年の秋着工予定の豊浦の家は、西側にとても良い景色が広がる敷地です。

Img_2822
敷地西側に広がる景色

こちら側に大きな窓をとってこの景色を取り込むわけですが、この窓の外側には屋根とデッキを設けています。

3_20210611183701

Photo_20210611181701

こうしておけば、簾やタープ等を簡単に取り付けることができるので、西日がダイレクトに室内に入ることを防ぐことができます。

2021年6月 3日 (木)

基礎を考える

木造住宅の基礎には大きく分けて、ベタ基礎と布基礎があります。

ここでよく出るのが「どっちが強いの?」という疑問です。

ひと昔前(阪神淡路大震災後)からベタ基礎が急速普及して、ハウスメーカーやビルダーのセールストークで「ベタ基礎の方が強い」というイメージが浸透しました。

ベタ基礎の方が底盤全体の「面」で家を支えるので、ベース面だけの「点」で支える布基礎より強いという理屈ですが、これはこれで間違いではありません。

Beta
「面」で支えるベタ基礎

Nuno
「点」で支える布基礎

しかし、これは地盤の強さが全く同じという条件でのみ言えることです。

通常、家を建てるにあたり地盤調査を行い地盤の強さを調べます。

そのうえで、地盤が弱ければ地盤改良工事をするわけですが、改良によって地盤の強さ(地耐力)を具体的にどれくらいにするかを考え、その地耐力に対して基礎を設計すればベタ基礎でも布基礎でもどちらでも全く問題ありません。

具体的に現在構造計算中の物件を例に見てみましょう。

Photo_20210603190301

こちらの家は、耐震等級2(積雪1.3m考慮)、基礎形状は布基礎で地耐力は35kN/㎡という前提で構造設計をしています。

 

Photo_20210603192201

なので、地耐力が35kN/㎡以上になるように地盤改良工事を行えばこの基礎は構造上安全となります。

このように、布基礎でも地盤改良とセットで考えることで強い基礎にすることは可能です。


地盤の強さである地耐力を無視して、基礎単体で強いとか弱いということは全く意味のないことなのです。

2021年4月22日 (木)

柱直下率とウッドショック

構造計画において、柱直下率というものがあります。

内容はとても簡単で、2階の柱の下に1階の柱がどれくらいあるかを表します。

2階の柱の下すべてに1階の柱があれば、柱直下率は100%となります。

しかし、それは1階と2階の柱の位置が全部一致することを意味しますので、間取りはかなり制限を受けることになります。

なので、一般的に柱直下率は50%以上が推奨とされています。

そもそもなぜ上下の柱の位置を揃える必要があるかですが、地震力は原則上(屋根)から下(基礎)へと流れます。

その力が伝わる経路が柱や梁となるため、上下の柱が揃っていればいるほど力の流れは単純になるというわけです。

上下の柱が揃っていないと2階の柱から梁を経由して1階の柱へと力が伝わります。

その力が大きければ大きい程、梁は大きくする必要があります。

つまり、柱の直下率が悪いと梁の負担が大きくなり、結果として梁が大きくなるというわけです。


具体的に現在構造設計中の物件を例に見てみます。

3
許容応力度計算で耐震等級2(積雪1.4m考慮)を予定。ちなみに柱直下率は70%くらい。

1_20210422182101
このように2階の柱の下にきっちり柱があれば、梁の大きさは150mm程度で大丈夫ですが

2_20210422182101
下に柱が少ない場合梁の大きさは240mm程度必要となります。

当然ですが、同じスパンの梁でも大きい梁の方が金額は高くなるため、柱直下率の悪い建物は経済性も悪くなります。

現在、日本ではウッドショックと呼ばれる木材不足が起きています。

コロナウイルスの蔓延が引き金となり、様々な要因が重なって世界的に木材が不足している状態で、そのため木材の金額も高騰しています。

まだまだ先がみえませんが、今まで以上に経済的な構造設計が必要となりそうです。

2021年4月15日 (木)

雑誌撮影と床下エアコン

先日、昨年末にお引渡ししました亀田の家にてハウジングこまちさんの撮影を行いました。

Img_2867


» 続きを読む

«服も家も